平野雅彦が提唱する情報意匠論| 脳内探訪(ダイアリー)

平野雅彦 脳内探訪

iichikoのコピー、しみる  2018/05/27 

NIPPONN2


NIPPONN3



きょうは、大学の取り組みの一環で、餃子を食べに東京は代々木上原へ(詳細は、次回アップします)。

その足で、ふらりと日本橋へ。
日本橋といえば、「日本橋上の首都高速 地下化ルート決定」(完成は2040年頃)というニュースが先達て発表されたばかりだ。

何をするでもなく、橋のたもとで20分ほど川を眺め、風にあたる。   




ところで、以前にも書いたが、「iichiko」(三和酒類株式会社)のコピーが毎回秀逸である。
極々普通の言葉で綴られ、それでいて読み手は想像力をかきたてられる。
「もしかしたら、このコピー、わたしが書いたんじゃないか」と思わせる、
「そうそう、これが言いたかったんだ」と頷かせる。
あるときには、自分の特別な日と重ね合わせる。
けっして言い過ぎない、説明し過ぎないで、次の行は読み手に預ける。
いいコピーの条件である。

iichikoのコピーが、わたしを惹きつけてやまないもう一つの理由は、
喜びと哀しみがつねに背中合わせである、ということを気づかせてくれることだ。

「愛」は「哀」なのである。


IICHIKO1


IICHIKO2


IICHIKO3


1121


1120


1119


1118


1117


1116


1115


1114


1113


1112


1111


1110


II8


II7


II6


II5


II4



この場にアップした内容は、その後ペンを入れる場合があります。

バックナンバーはここ↓から。「表示件数」を100件に選択すると見やすくなります。

現在地:トップページ脳内探訪(ダイアリー)

サイトマップ